金融業界へ転職するならリクルートエージェントで

2017年現在、ドル高円安を背景に国内企業は輸出を伸ばし業績は好調に推移しています。そのため、国内企業の設備投資や売上増による運転資金のニーズは旺盛で、NISA(少額投資非課税制度)や住宅ローンの盛り上がりもあり、金融業界に恩恵をもたらしています。

ますます役割を期待されるメガバンク、生保、証券、地銀、信託銀行をはじめとする金融機関各社は優秀な人材を確保するために採用活動に力を入れてきています。

金融業界への転職を目指す方には、関連業界の求人と転職実績が評判のリクルートエージェントがおすすめです

リクルートエージェントに掲載されている金融業界の求人の特徴と傾向

まずはリクルートエージェントにある金融業界の求人全体の特徴や傾向をご説明します。

リクルートエージェントの金融業界求人の平均年収は650万円程度

リクルートエージェントに掲載されている金融業界の求人全体を見ると、平均年収が650万円程度の求人が目立ちます。

800万円を超える高年収の求人も少なくありません。好条件の求人は投資銀行業務、年金運用、ファンドマネージャーなどの専門職が多い傾向にあります。

それはなぜかというと、それらの業務は高額の資本を取り扱って利鞘を継続的に出していることと、専門的な数理知識が必要な職種かグローバル範囲で活躍する職種が多いからです。業界である程度スキルや経験を身につけると年収がそれに応じて自然に上がるというところは、金融業界のメリットとも言えますね。

現段階の平均年収は時代の流れとともに大きく変動するので、金融業界に転職するなら先を見据えた企業研究もしっかり行って自分の理想にあった会社を探してみてください。

リクルートエージェントで募集している金融業界の求人は都市部に集中している

リクルートエージェントが取り扱う金融機関は外資系投資銀行、メガバンク、地方銀行、信託銀行、証券会社など多岐に渡ります。

金融業界には公開求人620件ほどあり一見すると少ないのですが、その他に8,000件ほどの非公開求人が紹介可能です。地域別に見ていくと求人のほとんどは東京・大阪といった都市部に集中しています。海外との連携が必要になってくる仕事が多いので、大都市に偏るというのも無理もないですね。とはいえ、地方の割合が低くても求人全体の数が多いので地方でも理想な求人に出会えるチャンスがあります。

ただし、転職エージェントとの面談はやはり都市部で行われる場合が多いので、地方在住者は電話での面談がメインとなる可能性があります。実際にコンサルタントと会ってゆっくり話せない分、不利なのかもしれません。

リクルートエージェントに掲載されている金融業界の求人が求めるスキルや資質

金融業界はフロントオフィス、ミドルオフィス、バックオフィスという三つの部門に大きく分けることができます。ここでは、リクルートエージェントに掲載されている求人の仕事内容と求められるスキルや資質を部門ごとにご説明します。

フロントオフィスの仕事内容と求めるスキルや資質

フロントオフィスでジェネラリストとして働く場合、ほとんど営業職といった立ち位置になるので、幅広い客層に対応できるコミュニケーション能力と取り扱う商品についての知識が求められます。

また、フロントオフィスの金融専門職というのは、最前線に立って金融商品のトレーディング・運用を行い、利益を稼ぐ職種になります。そのため、高度な専門技術と数字を見るセンスがあると重宝されるでしょう。

バックオフィスの仕事内容と求めるスキルや資質

バックオフィスは顧客や市場と直接仕事をすることがなく、前面に立っているフロントオフィスをサポートする役割を担います。

そのため、取引の決済処理業務から人事、財務、経理など会社の運営に携わる仕事がメインです。これらの業務は正確性と迅速性が第一で、丁寧に素早く仕事をこなす能力が最も必要とされています。

ミドルオフィスの仕事内容と求めるスキルや資質

ミドルオフィスは文字通り、フロントオフィスとバックオフィスの中間という立ち位置になる仕事です。フロントオフィスのサポ―トとして取引や運用の不正はないかをチェックしたり、損益やマーケットのリスクマネジメント、コンプライアンス面のマネジメントをしたり、業務内容は社内外に広がります。

ミドルオフィスは幅広い専門知識はもちろん、間に立つ仕事なので調整力・マネジメント能力が必須です。また、海外拠点との連携が必要な場合、語学力があるとキャリアアップの幅が広がるでしょう。

とりあえず経歴情報を入力してスカウトを待とう

リクルートエージェントは国内トップクラスの求人データベースを持っているため、真剣に探せば理想の求人が見つかります。しかし時には、たとえ「東京23区にあるIT業界のアプリケーションエンジニア」というように細かく条件を絞り込んで検索しても求人はまだまだたくさんあるため、求人選びで迷いやすいという点に関しては大手転職エージェントを利用する際によくある贅沢な悩みです。

迷ったら転職エージェントと相談を

自分で求人を探すのが難しいと感じた場合、転職エージェントの手助けがあるといいかもしれません。

転職エージェントは企業と転職希望者の間に立って、転職活動をサポートしてくれる存在です。

担当のキャリアコンサルタントに自分の状況と希望する条件を簡単に話せば、代わりにふさわしい求人を見つけてくれます。その際に自分で検索して閲覧できる求人はもちろん、キャリアコンサルタントの判断によって一般に公開されていない好条件の非公開求人も紹介してくれる場合もあります。

リクルートエージェントはその圧倒的な求人数と経験豊富なアドバイザー人材が評判で、悔いのない転職活動をするにはぜひ利用しましょう。

一つの転職エージェントに頼ってしまうと情報が偏るのではないかと心配であれば、同じくリクルートキャリアが運営している転職サイトのリクナビNEXTに登録すると、400社を超える提携転職エージェントからオファーを貰うことができるようになります。このようにリクナビNEXTとリクルートエージェントを並行して利用すると業界大手のリクルートキャリアの強みをフルに活用できます。

金融業界への転職にはリクルートエージェントが強い

リクルートエージェントで掲載れている金融業界の求人は営業や運用といったフロントオフィスや経理や監査といったバックオフィス、その間に立って調整・マネジメントするミドルオフィスなど多岐に渡ります。

また、専門職のほとんどが東京に集中しており、総合職の場合地方に本社や支社を置く求人も多数あります。求人の平均年収は全職種を合わせるとおおよそ650万円と比較的に高い水準です。

さらにリクルートエージェントに登録するとWeb上で見られる公開求人の以外にも好条件や高年収の非公開求人に応募できるようになり、業界経験者であるキャリアコンサルタントが転職活動を最初から最後までサポートしてもらえるので、今後のキャリア形成の一助となるでしょう。

おすすめ転職サイト診断テスト
カテゴリ別転職サイトランキング
都道府県別転職サイトランキング
編集部おすすめ転職サイト・転職エージェント
20代~30代に絶対おすすめ!!
迷ったらここがおすすめ!マイナビだけの限定求人が多数あり、20代~30代から人気No.1です!
年収500万円以上の方なら!
ハイクラス求人専門のビズリーチには、好条件求人が揃っています!スカウト形式なので、忙しくてもOKです!
フリーターや第二新卒向け!
ハタラクティブは、20代の未経験転職に強いエージェントです!職歴・学歴不問で絶対に正社員になれます!